権藤氏&斎藤氏 侍ジャパン投手コーチに「全力でサポート」

[ 2016年1月29日 05:30 ]

権藤氏(左)と斎藤氏

 NPBエンタープライズは28日、侍ジャパンが3月に行う台湾代表との強化試合(5日、ナゴヤドーム、6日、京セラドーム)のコーチ陣を発表し、投手コーチに元横浜(現DeNA)監督の権藤博氏(77)と、昨季限りで現役引退した前楽天の斎藤隆氏(45)が決まった。

 権藤氏は98年に横浜監督として日本一となり、中日など4球団でコーチも歴任。「素晴らしいチャンスをいただいた。選手が悔いのないように戦ってもらうことを後押しするだけ」とコメントした。日米通算112勝139セーブの斎藤氏は、現在はインターンシップ(就業体験)でパドレスのフロント業務を学んでおり、「微力ながら日米での経験がチームの力になれるよう選手のサポートに全力を尽くしたい」と抱負を語った。

 ヘッドコーチとバッテリーコーチは置かれず、昨秋の「プレミア12」で投手コーチを務めた鹿取義隆氏(58)は侍ジャパンの全世代を統括するテクニカルディレクターに専念する。 

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月29日のニュース