楽天・則本&松井裕 ブルペンの傾斜を利用して打撃練習

[ 2016年1月29日 13:02 ]

コボスタ宮城の室内練習場でブルペンの傾斜を使って打撃練習を行う楽天の松井裕(左)と則本

 楽天の則本昂大投手(25)と松井裕樹投手(20)が29日、仙台市内のコボスタ宮城の室内練習場で自主トレを実施。ブルペンの傾斜を利用して打撃練習も行った。

 昨シーズン途中から導入した練習法で、投球時の体重移動を確認。今季は2リーグ制となった50年以降では史上初となる入団から4年連続の開幕投手を狙う則本は「体重移動を体に染み込ませるため。リフレッシュにもなります」と狙いを説明した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2016年1月29日のニュース