元ドジャース朴賛浩氏 感激の始球式「胸が熱くなった」

[ 2015年11月9日 05:30 ]

<日本・韓国>始球式を行った朴賛浩氏

プレミア12予選ラウンドB組 韓国0―5日本

(11月8日 札幌D)
 韓国人初の大リーガーでドジャースやオリックスなどでプレーした朴賛浩(パク・チャンホ)氏が始球式を務めた。

 スーツ姿で登場すると上着を脱いでマウンドの後ろに置き、現役時代をほうふつさせる力強い速球を投げ込んだ。日韓両国のファンから歓声と拍手を浴び、「大変光栄です。(オリックス時代に)札幌ドームで投げた時のことを思い出して、胸が熱くなった」と感激に浸った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月9日のニュース