おかわり 志願出場で2安打 小久保監督「いなかったと思うとゾッとする」

[ 2015年11月9日 05:30 ]

<日本・韓国>3回1死、中村剛は左前打を放つ

プレミア12予選ラウンドB組 日本5―0韓国

(11月8日 札幌D)
 勝負を決める一打だけが4番の仕事ではない。侍ジャパンの中村剛が4番に座ったことで生まれた安心感。初回のチーム初安打となる中前打、3回の左前打。小久保監督も「中村がいてくれて、チームがバタバタせずに済みました。いなかったと思うとゾッとする」と称賛した。

 3回の第2打席はカウント3ボール1ストライクとなった。ボールとなった低めの3球にはバットはピクリともせず、高めに浮いた4球目を叩いた。6日のプエルトリコとの強化試合(ヤフオクドーム)で死球を受けた右手甲は低周波治療などを施したが、まだ腫れている。それでも志願の出場。「しょせん、打撲ですから。折れていなかった時点で出るつもりだった」との覚悟と、打席での動作すべてが、知らずとナインを引っ張っていた。

 小久保監督は中村剛とプライベートで食事をし、日本代表への思いを聞いた。その時点で4番をほぼ決めていた。5回の左飛、8回の右飛も中村剛らしい放物線。「これからにつながる勝ち方ができたので良かった」と話す中村剛が4番にいる。その相乗効果は計り知れない。 (倉橋 憲史)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年11月9日のニュース