巨人・亀井 チビっ子40人とキャッチボール交流「続けていければ」

[ 2015年11月9日 18:24 ]

子供とキャッチボールで交流する亀井(右)

 巨人・亀井が9日、宮崎秋季キャンプ第1クール3日目の練習終了後、ファンの子供たち約40人と一緒にキャッチボールで交流した。

 球団は秋季キャンプ第1クールで背番号にちなんだファンサービスを展開しており、7日は長野、8日は片岡がファンと交流。この日は背番号「9」の亀井が約30分間、言葉を交わしながらキャッチボールでふれあい「うまい子がたくさんいてびっくりした。こうやって接することもあまりないし、少しの時間だけどやれて良かったです。また続けていければ」と振り返った。また、橋本も練習後にサプライズで駆けつけ「飛び入り参加しました」と笑顔だった。

 10日は投手陣が投球練習を行っている木の花ドーム横のブルペンで、現役投手のレクチャー付きで投球体験を実施する予定。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月9日のニュース