“ラッキーボーイ”平田 ベース直撃V打 大阪桐蔭トリオそろってマルチ

[ 2015年11月9日 05:30 ]

<日本・韓国>5回2死一、二塁、右前適時打を放った平田は笑顔

プレミア12予選ラウンドB組 日本5―0韓国

(11月8日 札幌D)
 幸運の天使が舞い降りた。2回無死一、二塁。侍ジャパンの平田の詰まった打球は、ワンバウンドで三塁線へ。捕球しようと三塁手が前進する。その手前で 三塁ベースに当たった。

 打球は方向が変わり、ファウルゾーンを転々。二塁走者の中田が生還した。先制二塁打。ただ本人は、そんな幸運に試合後まで気付いていなかった。

 「ホントですか?ラッキーっす!」。報道陣に伝えられて笑顔を見せると「バントを失敗していたし、“絶対打てる”という気持ちで打席に入った」と振り返った。

 本来なら控えが濃厚だった。しかし、同じ外野手の内川、柳田(ともにソフトバンク)が故障で代表を辞退。スタメン出場の機会が巡ってきた。「自分はこの中で成績は一番低い。ラッキーボーイ的な存在で、悪い流れをいい流れにしたい」と話していた通りの働き。それも送りバントを2度失敗した後だっただけに、幸運の二重奏だ。

 5回2死一、二塁でも右前適時打。2回に続いて中田をホームに迎え入れ「(大阪桐蔭の)後輩を還せてよかった」と喜んだ。8番の平田、4番の中村剛、6番の中田と大阪桐蔭トリオがそろって2安打でマルチ安打を記録し、計6安打。「(平田は)大会を通じてラッキーボーイになってくれれば」。そう話した小久保監督は「きょうは大阪桐蔭の3人と(打順が)2、4、6、8番の偶数が良かった」とラッキーナンバーを口にした。「このまま波に乗っていきたい」と平田。幸運を呼び込んだ男が世界一へのキーマンとなる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月9日のニュース