侍J3番山田 意地の二塁打「今までにない緊張感がありました」

[ 2015年11月9日 05:30 ]

<日本・韓国>8回2死一塁、山田は左翼線に適時二塁打を放つ

プレミア12予選ラウンドB組 日本5―0韓国

(11月8日 札幌D)
 3番に座った侍ジャパン・山田は最終打席で意地をみせた。8回2死一塁から痛烈な打球を放ち、三塁手のグラブをはじく左翼線適時二塁打。

 エンドランの形でスタートを切っていた一塁走者・坂本が一気に生還し、ダメ押しの5点目となった。昨年の日米野球を上回る重圧に「今までにない緊張感がありました」とホッとした表情。「これからも一戦一戦、先を見ずにやっていきたい。走攻守全てで貢献していきたい」と幅広い活躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月9日のニュース