日本生命・藤井 7K8回途中零封 都市対抗と2冠へ王手

[ 2015年11月9日 05:30 ]

スポニチ後援第41回社会人野球日本選手権第10日・準決勝 日本生命6―0伯和ビクトリーズ

(11月8日 京セラドーム)
 都市対抗で橋戸賞(最優秀選手)に輝いた日本生命・藤井が8回途中まで投げ、3投手で無失点リレーを果たした。

 切れ味鋭いスライダーを武器に7三振を奪った右腕は「調子はそんなに良くなかったが、粘れたのが良かった」と胸を張った。打線も先発8人に安打が飛び出し、今大会4試合で26得点と調子はいい。十河章浩監督は「日替わりヒーローが出ているし、いい形できている」と、史上3チーム目となる都市対抗との2冠に手応えを口にした。

 ▼伯和ビクトリーズ・東賢孝監督 相手は日本一。オープン戦もしていただいて、目標にしているチーム。さすがです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年11月9日のニュース