楽天・枡田 秋季キャンプで手応え「打球の感触良くなっている」

[ 2015年11月9日 14:02 ]

倉敷秋季キャンプでトレーニングを行う楽天・枡田

 楽天の枡田慎太郎外野手(28)が、“インパクトでしっかり振ること”をテーマに秋季キャンプでフォーム固めを行っている。

 「インパクトが良くなれば、自然とトップもよくなる。これまで色々なことを考え過ぎていたので、シンプルに考えることが大事」と分析した枡田。「このキャンプに入ってから打球の感触も良くなっている」と手応えを感じている様子だ。

 来季が11年目となる枡田は、13年に86試合に出場し、8本塁打、47打点をマーク。勝負強い打撃で楽天のリーグ優勝と日本一に貢献した。しかし、ここ2年は不本意な成績が続いており、復活が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月9日のニュース