DeNAラミレス新監督が本格始動「いい一日だった」

[ 2015年11月6日 18:46 ]

ブルペンで投球練習を見つめるラミレス監督

 DeNAは6日、鹿児島県奄美市で秋季キャンプを開始し、アレックス・ラミレス新監督が本格的に始動した。背番号80のユニホーム姿を初めて披露し「とてもうれしく、素晴らしかった。選手もよく練習してくれたし、いい一日だった」と笑みを浮かべた。

 早朝散歩からスタートした。109キロという体重を落とすために午前6時半ごろから奄美市内を約40分間歩いた。球場に入ると真新しいユニホームを身にまとい、午前中は守備練習を見守るなど選手の動きを確認した。

 午後からはブルペンへ移動。今季セ・リーグワーストの防御率3・80に終わった投手陣の立て直しが急務だ。3年目の三嶋らに内角へ投げるように指示を出し「すごく恐怖心を与えると思う。いい気分のままでバッターボックスに立ってもらうわけにはいかない」と打者心理からアドバイスを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース