劇打の侍J嶋主将「必死で還したいと、その気持ちだけ」

[ 2015年11月6日 23:10 ]

<日本・プエルトリコ>サヨナラ打を放った嶋(左)と握手を交わす小久保監督

強化試合 日本3―2プエルトリコ

(11月6日 ヤフオクD)
 侍ジャパンの嶋主将(楽天)が一振りで決めた。1点を追う9回に同点に追いつきなおも1死一、二塁で左前にサヨナラ打。「坂本からつながって秋山も必死つないでくれた。何とか必死で還したいと、その気持ちだけでした」と声を弾ませた。

 所属する楽天では2年連続最下位と辛酸をなめた。「なかなかシーズンでは活躍できなかったので、久しぶりに打てたなと」と素直に喜んだものの、「チャンスは作るが一本が出ない展開。何とかチームが一つになって向かっていった結果だと思います。でもこのような戦いしてはそんなに甘く勝てないと思うので、気を引き締めていきたい」と本番の国際大会「プレミア12」を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース