白根 ソフトバンク育成蹴ってトライアウトエントリー

[ 2015年11月6日 05:30 ]

トライアウトに参加する白根

 ソフトバンクの白根も12球団合同トライアウトにエントリー。開星では「島根のジャイアン」と呼ばれ、エースとして甲子園を沸かせた。11年ドラフト4位で入団して野手に転向。14年に戦力外通告を受け、育成選手として再契約していた。

 球団は来季も契約を結ぶ考えだったが、自ら申し出る形で他球団での支配下登録の道を探る。三笠球団統括本部副本部長は「本人の希望でトライアウトを受けることになりました」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース