筒香も侍1号 インハイボール球をガツン 小久保監督も全幅信頼

[ 2015年11月6日 05:30 ]

<プエルトリコ・日本>8回無死、右越えにソロを放つ筒香

侍ジャパン強化試合 日本8―3プエルトリコ

(11月5日 ヤフオクD)
 5番に座った筒香(DeNA)が、侍ジャパン初アーチを放った。3点リードの8回に先頭で打席に入ると、初球の直球を強振。内角高めのボール球に鋭い軸回転で反応し、右翼席に運んだ。2打席目までは「ちょっと当てにいっていたので今度は思いきりいこうと思い、しっかりと振った」と意識を変えて一発につなげた。

 DeNAでは不動の4番として、ともに自己最多の24本塁打、93打点をマーク。チームの最終戦から約1カ月のブランクがあったが、クリーンアップは山田、中村剛と右打者が続くため、左の大砲には不動の5番としての働きが求められる。宮崎でのフェニックス・リーグに参加し、実戦勘を養ってきた。「国際大会はクリーンアップがキーになる」と話す小久保監督。筒香の安定感に全幅の信頼を寄せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース