おかわり好走塁 体に似合わぬソフトタッチでホームイン

[ 2015年11月6日 11:09 ]

<プエルトリコ・日本>4回1死一、二塁、松田の適時打で生還する二走・中村剛

侍ジャパン強化試合 日本8―3プエルトリコ

(11月5日 ヤフオクD)
 4番に座った中村剛(西武)は4回先頭で右中間二塁打。松田の適時打の際、回り込んで左手でホームベースにタッチする好走塁を見せた。

 「5打席立ててよかった。普通にできた」。小久保監督は6日の同戦(ヤフオクドーム)でも中村剛を4番で起用する方針を明かし「(6番の)中田が楽に打席に立てていた雰囲気があった。中田は(4番を)ずっと打ってきた重圧も感じてきただろうが、2人の姿は良かった」と大阪桐蔭コンビの相乗効果を口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース