侍ジャパン“最多”18K 6投手で三振の山

[ 2015年11月6日 09:01 ]

<プエルトリコ・日本>力投する先発・前田健

侍ジャパン強化試合 日本8―3プエルトリコ

(11月5日 ヤフオクD)
 侍ジャパンは6投手で9イニングを投げ計18奪三振。小久保監督の就任後では、初陣だった13年11月8日台湾戦(台湾)で4投手が奪った16三振を上回り最多。

 同戦はプロ・アマ混成で、プロの主力でメンバーを固めた国際試合としては、03年11月6日のアテネ五輪予選・台湾戦で3投手で奪った15個を上回った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年11月6日のニュース