和田 落合GM通告で引退決断…中日での8年は「夢のようだった」

[ 2015年9月19日 12:50 ]

晴々とした表情で引退会見に臨んだ和田

 中日の和田一浩外野手(43)が19日、今季限りでの現役引退を表明しナゴヤドームで会見を行った。背番号5のユニホーム姿で席に着き「今シーズン限りで引退します。長い間、本当にお世話になりました」と感無量の表情で話した。

 両膝痛で出遅れた今季は、現役を続けるべきか身を引くべきかという葛藤の繰り返し。最終的には9月上旬に恩師の一人である落合GMから来季の構想に入っていないことを告げられ、決断した。

 「(07年オフに)FAで中日に来た時から、もう他の球団でやるという選択肢はなかった。物心がついた時からドラゴンズファン。ドラゴンズのユニホームを着ての8年間は自分の中では夢のような時間だった」 今後は一度、ユニホームを脱ぎ、野球評論家などの活動をしていく予定。「自分の子どもたちのコーチになりたいですね」と晴れやかな笑顔を浮かべた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース