プロ野球 40代現役選手21人の去就一覧 

[ 2015年9月19日 10:15 ]

楽天の松井稼

 今季現役でプレーした40代の日本人選手は12球団で21人(15年中に40歳になる選手も含む)。それぞれの成績は以下の通り(9月18日時点)。

 山本昌(中日・50歳)1試合0勝0敗、防御率9・00。8月9日のヤクルトに先発したが左手人さし指を痛め2回途中で降板。現在リハビリ中で今後は白紙。

 中嶋聡(日本ハム・46歳)1試合、打率・000、0本塁打0打点。今季1試合出場し、プロ野球タイ記録に並ぶ実働29年を達成。07年からは1軍バッテリーコーチを兼任している。

 斎藤隆(楽天・45歳)2試合0勝0敗、防御率9・00。今季限りでの引退を表明。

 谷繁元信(中日・44歳)27試合、打率・273、1本塁打3打点。今季限りで引退し来季は監督に専任する見込み。

 和田一浩(中日・44歳)73試合、打率・300、5本塁打24打点。今季限りで引退。

 西口文也(西武・42歳)1試合0勝1敗、防御率9・00。今季限りで引退。

 谷佳知(オリックス・42歳)10試合、打率・154、0本塁打3打点。今季限りでの引退を表明。

 小笠原道大(中日・41歳)50試合、打率・304、0本塁打8打点。今季限りでの引退を表明。

 三浦大輔(DeNA・41歳)15試合、5勝5敗、防御率4・04。今季も先発ローテの一角を担う。

 松中信彦(ソフトバンク・41歳)1軍出場なし。

 岩瀬仁紀(中日・40歳)1軍出場なし。現役続行へ意欲。

 井口資仁(ロッテ・40歳)77試合、打率・250、5本塁打23打点。

 黒田博樹(広島・40歳)23試合9勝7敗、防御率2・67。先発ローテ3本柱の一角として活躍。

 高橋尚成(DeNA・40歳)5試合0勝1敗、防御率8・64。今季限りでの引退を表明。

 高橋由伸(巨人・40歳)72試合、打率・271、5本塁打20打点。長打力は健在。

 井端弘和(巨人・40歳)94試合、打率・227、1本塁打17打点。内野全ポジションでスタメンを務めるなど数字以上の貢献。

 川上憲伸(中日・40歳)右肩痛、左膝痛で登板なし。来季は「まだ何も考えていない」

 倉義和(広島・40歳)1試合、打率・000、0本塁打0打点。

 松井稼頭央(楽天・39歳)120試合、打率・264、10本塁打48打点。ほぼフル出場し、上位打線に名前を連ねる。

 福浦和也(ロッテ・39歳)63試合、打率・267、2本塁打19打点。来季も現役続行の見込み。

 岡島秀樹(DeNA・39歳)5試合0勝2敗、防御率11・25。現役続行へ意欲。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース