清宮2試合連続アーチ 場外3ラン含む2安打4打点

[ 2015年9月19日 11:47 ]

<早実・都保谷>6回1死二、三塁、清宮は右翼場外に3ランを放つ

秋季東京都高校野球ブロック代表決定戦 早実8―0都保谷

(9月19日 上柚木)
 今夏甲子園で4強入りした早実が19日、ブロック代表決定戦で都保谷と対戦。「3番・一塁」で先発した「和製ベーブ・ルース」こと清宮幸太郎内野手(1年)は6回に場外3ランを放った。試合は8―0で早実が7回コールド勝ちした。

 初回1死二塁で打席が回ると、中前へ弾き返し先制。2打席連続本塁打を放つなど3安打5打点をマークした新チーム初戦の東農大一戦に続き、この日もいきなり快音を響かせた。1点リードの3回、1死走者無しから四球を選んだ。2点リードの5回、先頭打者で迎えた第3打席は中飛に倒れた。4―0で迎えた6回には1死二、三塁から右越えの場外3ランを放ち、リードを7点に広げた。

 清宮は1年生で唯一、高校日本代表入りし、U―18ワールドカップで4番に座った。

 今大会は来春のセンバツの重要な選考資料。早実は10月10日開幕の本大会への進出が決定。11月8日の決勝で勝てば当確となる。準優勝の場合、関東大会上位校との比較になる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース