ソフトB 美酒酔い?逆転負け 工藤監督「もう少し策はあった」

[ 2015年9月19日 05:30 ]

<ソ・ロ>ロッテに敗れ、ガックリの工藤監督(右)

パ・リーグ ソフトバンク3-4ロッテ

(9月18日 ヤフオクD)
 パ・リーグ最速優勝の一夜明け。ソフトバンクは、ビールを気持ち良く浴びた主力選手が変わらずスタメンに名を連ねた。逆転負けにも工藤監督は選手の気の緩みを感じなかったようで「いつものように勝つ気持ちを前面に出してくれた」と納得の表情だった。

 選手ではなく、自らを責めた。同点に追い付かれた6回1死二、三塁でのスクイズ。「打者にプレッシャーをかけられれば違う結果になったかも。もう少し策はあった」と悔やんだ。

 7回に柳田が右肘付近に死球を受けて倒れ込んだが、立ち上がって一塁に向かった。最後の打者となった川島は「あー、くそ」と悔しさをあらわにして引き揚げた。CSを見据えて調子を保つため、主力は残り試合も出場する予定。圧倒的な強さを見せた今季、勝利にこだわる姿勢は日本一の瞬間まで変わらない。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース