ロッテ執念CS1差!スクイズと2死からバント安打で逆転

[ 2015年9月19日 05:30 ]

<ソ・ロ>6回2死三塁、一塁へセーフティーバントを決める荻野貴

パ・リーグ ロッテ4-3ソフトバンク

(9月18日 ヤフオクD)
 CS進出への執念が乗り移った小技でつかみとった勝利だ。1点を追う6回1死二、三塁。カウント1―1からの3球目にベンチからロッテ・田村に出たサインはセーフティースクイズ。打球は一塁線上を転がり、ラインを割るかに見えたが、すぐにインフィールドに戻る。ツキも味方し、同点に追いついた。

 なおも2死三塁で荻野。初球の直球を一塁手と二塁手の間に転がす絶妙なセーフティーバントが決まって勝ち越し、決勝点になった。荻野が「ネクストサークルで一塁手の守備位置を確認していた。自分の判断で初球からいきました」と胸を張れば、田村も「あそこはスクイズの方が点を取る確率が高い場面。自分は打てないので小技を決めるしかない」と振り返った。4回にも田村のセーフティーバントが細川の野選と送球エラーを誘い1点を奪っていた。

 シーズン終盤になって中軸が打点を挙げられない試合が続いている。16日の日本ハム戦(QVCマリン)に敗れた直後、伊東監督は荻野、鈴木、高浜、加藤、田村を球場内の食堂に集めて「おまえらは走塁や小技でかき回さないと意味がない。その部分をしっかり意識してやってくれ」とハッパをかけた。「小技で点を取る」という指揮官のメッセージが形になった勝利だった。

 試合がなかった3位・西武とのゲーム差は1に縮まった。二盗を2度阻止して守備でも貢献した田村は「CSに出たい。それしかない。この勝ちは大きい」と表情を引き締めた。残り16試合。逆転CS進出に向けて、チームスローガンにあるように「泥臭く」勝利だけを目指す。 (重光 晋太郎)

 ▼ロッテ・チェン(4回から2番手で登板し4勝目)中継ぎは難しい。勝ててよかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース