巨人・村田 右肘関節炎で抹消、ルーキー岡本がプロ初スタメン

[ 2015年9月19日 17:30 ]

右肘関節炎のため登録を抹消された村田

 巨人の村田修一内野手(34)が右肘関節炎のため、19日登録を抹消された。代わりに寺内崇幸内野手(32)が昇格した。この日のヤクルト戦には岡本和真内野手(19)がプロ入り初めて「7番・三塁」でスターティングメンバーに名を連ねた。

 原監督は「修一が難しいというので、元気なやつでいこうということです」とコメントした。

 村田は今季ここまで100試合に出場し、打率・235、12本塁打、39打点をマークしていた。18日のヤクルト戦は「6番・三塁」で先発し4打数無安打だった。再登録は29日以降となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース