DeNA 打ち合い制す!筒香2年連続20号!阪神は能見が誤算

[ 2015年9月19日 17:26 ]

<D・神>3回、1死一、二塁の場面で筒香は右越えに逆転3ランを放つ

セ・リーグ DeNA7―5阪神

(9月19日 横浜)
 DeNAが13安打7得点で阪神との打ち合いを制した。

 DeNAは1―3とビハインドの3回、1死一、二塁の場面で筒香が右越え20号3ランを放ち逆転に成功。続く4回には荒波の適時三塁打でリードを広げ、6―5と1点差に迫られた8回には嶺井の4号ソロが飛び出した。

 先発の井納は5回を投げて8安打4失点、さらに4四球と安定感を欠いたが、打線の援護に恵まれて5勝目をマーク。5月30日のロッテ戦以来となる白星を手にした。6回からの救援陣は1失点で踏ん張り、9回は山崎康が試合を締めて36セーブ目。

 阪神は先発の能見が試合開始からリズムをつかめず、4回6安打5失点と精彩を欠く投球で12敗目。初回に鳥谷の6号先頭打者本塁打で幸先よく先制した打線は逆転を許した後もマートンとゴメスの適時打などで得点を重ねたが、あと一歩及ばなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年9月19日のニュース