谷繁監督「正直、苦手意識はない」 “お得意様”黒田撃ち

[ 2015年9月19日 05:30 ]

<中・広>7回1失点で4勝目のバルデス

セ・リーグ 中日3-1広島

(9月18日 ナゴヤD)
 男気右腕をまたも攻略した。1―1の6回1死からの4連打で2点を奪い、そのまま逃げ切り勝ち。広島・黒田が先発した試合はこれで4戦全勝となり、3つの黒星を付けた。3年ぶりの広島戦勝ち越しも決め、中日・谷繁兼任監督も久々に柔和な表情で会見場に現れた。

 「黒田の時はうちの投手も抑えて、ワンチャンスをものにして勝っている。正直、苦手という意識はないですね」

 逆転優勝を狙う広島には痛すぎる敗戦だろうが、CS進出さえ絶望的な中日も目の前の試合に全力を尽くすしかない。来季への残留アピールが必要な助っ人陣にとってはなおさらだ。7回4安打1失点で4勝目を挙げ黒田に投げ勝ったバルデスは「自分はまだまだ日本でやりたいし、大好きな中日でできたら最高だね」とアピール成功に笑顔だった。 (山添 晴治)

 ▼中日・友利投手コーチ(バルデスについて)前半戦は頑張ってくれたし使い勝手がいい。客観的に見て(来季も)必要な投手だと思う。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース