ライアン小川6失点 投手に打たれちゃ…「もったいなかった」

[ 2015年9月19日 05:30 ]

<ヤ・巨>6回2死満塁、マイコラスに左前2点打を打たれ天を仰ぐヤクルト先発・小川

セ・リーグ ヤクルト3-6巨人

(9月18日 神宮)
 ヤクルト・小川が6回途中6失点と崩れた。

 1―3の6回には連続四球でピンチを招き、投手のマイコラスに適時打を許し「防げた失点が多くもったいなかった。投手に対して追い込んでいながら決めきれずに踏ん張ることができなかった」と話した。自身2連敗で今季8敗目を喫したが、エースとして次回も中5日で24日DeNA戦(神宮)に先発。真中監督は「粘れていない。もう一踏ん張り」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年9月19日のニュース