創価大・田中、ハム2軍を5回1失点 次は清宮斬り「抑えられたら」

[ 2015年8月22日 05:30 ]

日本ハム2軍との「プロ・大学交流戦」で先発し、5回を1失点に抑えた創価大・田中

 来年のドラフト1位候補、創価大の田中正義投手(3年)が21日、八王子市の同大グラウンドで行われた日本ハム2軍との「プロ・大学交流試合」に先発し、5回を1点に抑えた。

 26日には大学日本代表の一員として、U―18ワールドカップを戦う高校日本代表の壮行試合の相手を務める。早実・清宮に「1年生のヘッドスピードではないと感じた。しっかりと抑えられたらいい」と静かに闘志を燃やした。

 試合では最速153キロの直球を軸に7奪三振。「指にかかった直球がコースに行けばある程度は抑えられる」と、6月29日のNPB選抜戦の4回8奪三振に続いてプロを圧倒してみせた。創価高の先輩でもある日本ハム・栗山監督は東京ドームでのナイター前に視察に訪れ「あした、どこかの(プロの)試合で先発していても不思議ではない」と絶賛していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース