アストロズ・ファイアーズがノーヒッター 今季5人目

[ 2015年8月22日 12:02 ]

ドジャース戦で無安打無得点試合を達成し、グラブを放り投げ喜ぶアストロズのファイアーズ

 米大リーグ、アストロズのファイアーズが21日、本拠地ヒューストンでのドジャース戦で無安打無得点試合を成し遂げた。マリナーズの岩隈に続き、今季メジャー5人目の快挙だった。

 9回に入ると地元ファンは総立ちに。134球目。3番ターナーから空振り三振を奪うと、ファイアーズはグラブを高々と放り投げ、チームメートと抱き合う。シーズン9勝が自己最多の30歳右腕は、地元メディアに「ファンが熱狂して、力を与えてくれた。最高の気分」と喜びを表現した。

 3回までに3四球を出しながら、ストライクゾーンを広く使った投球で傷口を広げない。「序盤は制球が良くなかった。でも良くなると分かっていた」と胸を張る。3回無死一塁からは、打者21人を連続で仕留めた。

 7月末に低迷するブルワーズから首位争いを展開するアストロズへ。これが移籍後4試合目の登板で、メジャー5年目で初完投。2013年からは2季で計7勝といまひとつだったが、新天地でいきなり大仕事をやってのけ「夢を見ているようだ」と酔いしれていた。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月22日のニュース