清原氏 清宮へ1つだけアドバイス「試合以外は木製バットで練習」

[ 2015年8月22日 11:30 ]

清宮の甲子園2本目の本塁打と自身が高校1年の決勝で打った本塁打の写真を手にエールを送る清原氏

清原氏インタビュー2

 強豪・PL学園の4番を1年夏から務めて、5季連続で甲子園出場を果たした清原和博氏(48)が“怪童”早実・清宮幸太郎(1年)にアドバイスできる点は何か。考え抜いた末に「一つだけ…」と言って続けた。

 「最近の金属バットは異常な飛距離が出る。試合以外は木製バットで練習する。プロに入っても順応しやすい。僕も1年からそうだった。金属バットの芯、ホームランになる部分はヘッドから20センチあるとしたら、木ではその10分の1しかない」

 この夏、他にも印象に残った選手がいる。関東第一のオコエ瑠偉(るい)はその一人だ。

 「去年会ったことがあるけど、そんな体は大きくはないが筋肉が凄かった。キューバ出身のセスペデス(現メッツ)をほうふつさせる。体の潜在能力、ワイルドな部分も魅力がある」

 目を見張ったのは九州国際大付の山本武白志(むさし)だ。元ロッテ監督の山本功児氏の長男でもある右の大砲で、2打席連続本塁打を放った13日の大阪偕星学園戦をテレビ観戦していた。

 「あの2本のホームランは印象に残っています。木のバットでも同じ飛距離が出ていたように思う。思わず打った瞬間、おーっと言ってしまった。清宮君の2本目の本塁打(準々決勝の九州国際大付戦で右翼ポール際に放った本塁打)はこすり気味だったし、本人も会心だとは思っていないでしょう。木だったら、どん詰まりのライトフライだと思う」

 個性と話題性を持った高校球児を見て、プロ野球へと話題は及んだ。

 「今、プロ野球を見ていても魅力を感じない。枠の中に入った選手ばかりで、野生の動物ではなくて、動物園のライオンという感じ。僕がプロ野球に入った時は野生の猛獣みたいな方々が各チームにいた。野茂英雄のトルネード投法、イチローの振り子打法とか。将来の夢はIT関係の社長だけど、甲子園でホームランを打ってしまったとか、どこかに個性、特長をしっかりと持ち続けてほしい」

 最後に清宮に話を戻してこう結んだ。

 「プロの選手も奮起してもらいたいですよね。勝っても負けても(スポーツ紙の)1面をはれる選手が本当にいなくなった。清宮君のような久々に1面をはれる大スターが出てきた。マスコミの力は大きいと思うので、温かい目で、大きく育ててもらいたいですね」

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース