8回コールドだったら…阿部の同点打は幻 チームは2―3で敗戦

[ 2015年8月22日 07:45 ]

<広・巨>屋根にたまった雨水を落とす立岡ら巨人ベンチ

セ・リーグ 巨人4-3広島

(8月21日 マツダ)
 8回表の巨人・阿部の同点打の直後に雨脚が強くなり、試合は午後9時7分から30分間中断。いったん再開されたが、裏の広島の攻撃中、1死一塁で9時48分から56分間中断した。

 仮に8回裏の終了を待たずにコールドゲームとなった場合について、公認野球規則は4・12で「両チームが完了した最終均等回の総得点でその試合の勝敗を決することとする」とある。阿部の同点打は幻となり、7回終了時点の2―3で敗れていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース