仙台育英 宮城凱旋…佐々木柊主将 母に感謝「消防士で恩返し」

[ 2015年8月22日 05:30 ]

チアリーダーや仲間たちと笑顔で記念撮影をする佐藤世(中央)ら仙台育英ナイン

 準優勝から一夜明け、仙台育英ナインは宮城に凱旋した。佐々木順一朗監督は「監督としてもっと何かできなかったかなと反省して、今後につなげていきたい」と再出発を誓った。

 決勝で大飛球を好捕した佐々木柊主将は「宮城の人たちが期待してくれていたと思うので、感謝の気持ちを伝えたい」と声援に感謝した。今後については「うちは母子家庭で、ここまで野球をやらせてもらった。消防士になって母に恩を返したい」と目標を掲げた。新チームは26日に秋季地区大会で仙台一と対戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース