ソフトバンク2年目・上林、慣れ親しんだ球場で先発デビュー

[ 2015年8月22日 18:08 ]

パ・リーグ 楽天―ソフトバンク

(8月22日 コボスタ宮城)
 ソフトバンク・上林が22日、楽天戦(コボスタ宮城)に「8番・左翼」でプロ初先発した。仙台育英(宮城)出身2年目の20歳は21日に1軍に昇格し、高校時代に慣れ親しんだコボスタ宮城で先発デビュー。

 今季ウエスタン・リーグ1位の打率・333をマークしているが、1軍ではこれまで2打数無安打に終わっており、プロ初安打を狙う。高校3年時のセンバツではワンバウンドの球を安打にする曲打ちで話題となったが、「ボール球を振らないようにしたい」と話した。

 また、左脇腹痛でスタメンを外れていた内川が12日のオリックス戦(ヤフオクドー
ム)以来8試合ぶりに「4番・DH」で先発復帰した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース