広島、好機生かせず…緒方監督「勝ち切れなかった」

[ 2015年8月22日 00:45 ]

<広・巨>延長10回2死一、二塁、広島・菊池の左前打で本塁突入した二走・赤松(左)は巨人・小林にタッチされアウト
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島3―4巨人

(8月21日 マツダ)
 広島は終盤の好機を生かせず、4連敗となった。3―3の8回1死満塁を逃すと、延長10回2死一、二塁では菊池が左前打を放ったものの、二塁からホームを狙った赤松がアウト。延長11回に勝ち越し点を奪われ、緒方監督は「チャンスはあったが、そこで勝ち切れなかった」と疲れた表情だった。

 降雨による2度の中断があり、試合終了時刻は午前0時21分。痛い黒星となったが「まだ終わったわけじゃない」と必死に気持ちを切り替えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月22日のニュース