阪神 4連勝!堅首 伏兵・坂が決勝打 中日3連敗

[ 2015年8月12日 20:42 ]

<神・中>8回2死二塁、坂が左中間へ適時三塁打を放つ
Photo By スポニチ

セ・リーグ 阪神3―1中日

(8月12日 京セラD)
 阪神が伏兵の一打で中日を振り切り4連勝。首位の座をがっちりキープした。

 同点の8回、2死走者なしから鳥谷が右中間二塁打で出塁。続く途中出場の坂が左中間への適時三塁打を放ち、勝ち越した。さらに福留も一塁線を破る適時二塁打で続きこの回、2点を奪った。

 投げては先発のメッセンジャーが6回1失点。救援陣3投手の継投で9回は呉昇桓(オ・スンファン)が締めて34セーブ目を挙げた。

 中日は8回3失点のバルデスを打線が援護できず1点のみ。3連敗を喫した。

 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2015年8月12日のニュース