ソフト吉村、“壁ドン懸賞金”で100万円ゲットにニンマリ

[ 2015年8月12日 16:53 ]

11日の試合で9回に右翼フェンス直撃の三塁打を放った吉村

 ソフトバンク・吉村裕基外野手(31)が“壁ドン懸賞金”をゲットした。11日のオリックス戦で9回に放った右翼フェンス直撃の三塁打の打球が賞金100万円がかかった「ふくおかフィナンシャルグループ」広告の懸賞部分を直撃。賞金を手にするのは13年のボウカー(巨人)以来2年ぶり。

 ソフトバンク選手としては04年の柴原洋、07年の田上秀則以来3人目で、延べ5人。臨時ボーナスを手にすることになった吉村は「ありがとうございます」とニンマリ。ちなみに、賞金は源泉徴収を差し引いた額になるという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月12日のニュース