和田監督「全員が一つに」 長期ロード関係なし3カード連続勝ち越し

[ 2015年8月12日 21:15 ]

<神・中>中日に連勝してハイタッチを交わす坂(左から2人目)ら阪神ナイン

セ・リーグ 阪神3―1中日

(8月12日 京セラD)
 今年はひと味ちゃうで!阪神が勝負強い試合運びで4連勝。今季最多の貯金6とし首位の座を堅守した。

 試合後、和田監督は「ベンチにいる者も全員が一つになっていい状態でできている。(決勝打の坂は)守備固めが中心だが、少ない打席で結果を出してくれて、チーム全員で喜んでいる。2死から鳥谷が出て、気持ちで打ったようなタイムリー」と振り返った。

 同点の8回2死二塁で途中出場の坂をそのまま打席に送ると、決勝の適時三塁打で応えた。坂はこれが今季初打点。代打も考えられたが、起用に見事応えた。

 これで1カ月近い長期ロードに突入後、3カード連続の勝ち越しを決め、6勝2敗とした。夏場にホームを離れ失速する姿も、今季は皆無だ。

 指揮官は「カード勝ち越しより一戦一戦。きょう勝ったのであしたもやるという気持ち」と語気を強めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月12日のニュース