島袋2世だ!“トルネード”比屋根は反省の8回5失点

[ 2015年8月12日 05:30 ]

<興南・石見智翠館>トルネード投法の興南先発の比屋根

第97回全国高校野球選手権大会2回戦 興南6―5石見智翠館

(8月11日 甲子園)
 先輩の島袋洋奨(現ソフトバンク)ばりのトルネード投法の2年生左腕・比屋根は「先輩たちに助けてもらった」と喜んだ。4回まで1安打投球も5回に連打で失点。8回は「2死から打たれてリズムを崩した。

 自分を見失った」と4四死球と2つの暴投もあって逆転を許し、この回で降板した。「前半はしっかりコースを突けたが後半に勝ちを焦って乱れた。次は冷静に投げたい」と次戦に目を向けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月12日のニュース