大谷 1球に泣く…プロ初完投黒星「調子は一番、悪かった」

[ 2015年8月12日 05:30 ]

<西・日>7回、メヒアに2ランを浴び厳しい表情の日本ハム・大谷

パ・リーグ 日本ハム1―2西武

(8月11日 西武D)
 日本ハム・大谷が1球に泣いた。1点を先制した直後の7回1死二塁。メヒアに投じたフォークが甘く入った。「調子は(今季)一番、悪かった。きょうの調子を象徴するボールだった」。左翼席への逆転2ランを被弾。8回4安打2失点で、プロ入り初の完投負けを喫した。

 「変化球が全部抜けていたので、怖さがあった」と振り返るように、序盤からフォーク、スライダーが浮いた。栗山監督も痛恨の被弾に「あの一球が全て。間違っちゃいけないところで間違えた」と嘆いた。ただ直球には威力があり、前回対戦で満塁弾を含む2発を浴びた中村から、この日最速の159キロと154キロで2つの空振り三振を奪い「おかわりさんに(これまで)真っすぐを打たれていたので、真っすぐで三振を取ろうと思っていた」と雪辱を果たした。

 しかし、前回投げ勝った岸にはリベンジを許した。それでも白熱した投手戦に「見ているお客さんも楽しかったと思うけど、僕自身も面白かった」と振り返る。最後は逆転を信じ、9回も投げるつもりでキャッチボールをしながら敗戦を見届けた。プロ入り以来続いていた西武戦の連勝は6で止まり、チームの同カードの連勝も7で止まった。自己最多の12勝目は逃したが、次への糧になる113球だった。(柳原 直之)

 ≪大谷 西武戦の連勝止まる≫大谷(日)がプロ初の完投敗戦。西武戦は入団以来無傷の6連勝だったが初黒星を喫した。この日はスコア1―0とリードした7回にメヒアに2ランを被弾。被本塁打は通算15本目になるが、逆転本塁打は初めてだ。また、外国人打者に本塁打を許すのは、昨年6月4日広島戦のエルドレッド以来2本目。パの助っ人には初の被本塁打になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月12日のニュース