大胆スローボールも!阪神・岩本 127日ぶり2勝目「うれしい」

[ 2015年8月6日 21:55 ]

<広・神>2勝目を手にした岩本

セ・リーグ 阪神8―2広島

(8月6日 マツダ)
 ウイニングボールを受け取ると、しっかりとズボンの後ろポケットにねじこんだ。2番手でマウンドに上がった阪神・岩本が4月1日のヤクルト戦(神宮)以来となる今季2勝目を手にした。

 「あとのことを考えず、一人一人を思い切りいったらいいボールがいった。2勝目はうれしいけど、またあしたも試合があるので」と控えめだった。

 4―1の4回2死満塁の場面で先発・岩貞に代わってマウンドへ。ロサリオには押し出し四球も、続く新井を空振り三振に斬り、2回1/3を無安打無失点に抑えた。

 「新井さんの前で打ち取るつもりでマウンドに行った。悔しかったが、勝ってるしここで抑えないと。(三振は)狙いとは違ったが振ってくれた」

 6回には先頭の会沢の初球、スピードガンで計測不能のスローボールを投げ込む余裕もあった。

 8月6日は70年前、広島に原爆が投下された特別な日。隣の山口県出身の右腕は「ここで投げたかったし、試合を見に来たこともあった。投げて勝ちをつけれて良かった」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月6日のニュース