青木 復帰後初の一発で勝利に貢献「ダメ押しになってよかった」

[ 2015年8月6日 05:30 ]

<ブレーブス・ジャイアンツ>9回、ソロ本塁打を放ち三塁コーチとタッチするジャイアンツ・青木(AP)

ナ・リーグ ジャイアンツ8-3ブレーブス

(8月4日 アトランタ)
 ジャイアンツの青木が3点リードの9回に3号ソロ。右腓(ひ)骨骨折から復帰後初で、5月25日ブルワーズ戦以来71日ぶりの一発となり「ダメ押しになってよかった」と笑顔で振り返った。

 マイナーから昇格直後で「映像もなかった」という右腕ケリーとの対戦。3球続けてきたカットボールが真ん中に入ると強振し、ライナーで右翼席最前列に叩き込んだ。連敗を2で止め、ナ・リーグ西地区首位のドジャースに2ゲーム差に接近。「また波に乗っていきたい」と追い上げを誓った。(奥田秀樹通信員)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース