城所 左肩脱臼で今季中の復帰厳しく…1日西武戦で負傷

[ 2015年8月6日 05:31 ]

左肩脱臼と診断されたソフトバンク・城所は西戸崎練習場を後にする

 ソフトバンクは5日、城所龍磨外野手(29)が、左肩脱臼で4週間の患部固定が必要と診断されたと発表した。4日に福岡市内の病院で検査を受けて判明した。

 1日の西武戦(西武プリンス)の9回に三盗を試みた際に負傷。手術の可能性もあり、今季中の復帰は難しくなった。2月のオープン戦で左尺骨骨幹部骨折。復帰後に右ふくらはぎを痛めるなど不運続きで「今年はやろうとすることが、悪い方向に出てしまう」と肩を落としていた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース