祝1万試合 村田2打席連発!東京D1000勝に続きメモリアル弾

[ 2015年8月6日 05:31 ]

<ヤ・巨>歴史的2発!7回1死一塁、村田は2打席連続となる2ラン

セ・リーグ 巨人6-5ヤクルト

(8月5日 神宮)
 巨人の1万試合目に景気よく連発花火を打ち上げた。夏男・村田だ。お立ち台で満面の笑顔がはじけた。

 「記念すべき日に活躍ができて光栄。チームにもファンの皆さんにも迷惑をかけてばかりの今シーズンですけど得意な季節だと思って、思い切りバットを振りたい」

 まずは0―1で迎えた5回だ。日大の後輩・長野の3ランで逆転すると2死後に右中間へ7号ソロ。「小川君を打てていなかったから思い切って長打を狙った」。過去22打数2安打、打率・091の天敵に、手痛い一発を浴びせると、圧巻は4―5で迎えた7回だ。ロマンの外角スライダーを左越えに逆転8号2ランを放った。「直球を待っていたけどうまく拾えた」。今季初の1試合2発、2年ぶりの2打席連発で試合の流れを引き寄せ「それが本塁打の魅力」と言ってのけた。

 これで今季自己最長の7試合連続安打。夏場には絶対の自信がある。「おととしは7、8月によかったし、体が動いている」。13年は7、8月に2カ月連続で月間MVPを獲得。合計47試合で打率・416、14本塁打、47打点と打ちまくった。後半戦の正念場でこそ真価を発揮する打棒はさびついていない。

 もう一つのモチベーションは、子供たち。夏休みのため、3人の愛息に普段よりも夜更かしを許しており、ナイターを遅くまでテレビ観戦できるのだ。東京ドーム通算1000勝を飾る決勝3ランを放った31日の中日戦(東京ドーム)も就寝前に見せることができ、翌日の午前中には自宅の庭のプールで水遊びした。今季2度目のメモリアル弾でまたも歴史に名を刻んだ34歳のパパは「あとはバテないようにできれば」と照れ隠しした。

 チームの1試合3本塁打は今季最多タイ。2位とのゲーム差を1・5とした原監督は「それぞれがミスをカバーしてくれている」と逆転勝ちに手応えを口にし、「1万試合という節目を勝てたのは大きい」と言った。1000単位での節目はこれで5連勝。夏男・村田は「最近はいい打撃がずっと続いている。これを継続していきたい」と誓った。(大林 幹雄)

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース