坂本“代役”また活躍 吉川プロ初猛打賞「これを続けたい」

[ 2015年8月6日 05:30 ]

セ・リーグ 巨人6-5ヤクルト

(8月5日 神宮)
 巨人の吉川がプロ初の3安打を記録した。腰の違和感で前日の同戦(福島)を欠場した坂本は、この日も大事を取って欠場。代役として2試合連続で「7番・遊撃」でスタメン出場した22歳は2回に右前打、5回に左前打を放ち、7回も右前打をマークした。

 得点には絡まなかったが、2安打1打点を記録した前日に続いて打線を活性化。「積極的に打ちにいった結果。3安打は初めてなのでうれしい。これを続けたいです」と目を輝かせた。

 ▼巨人・沢村(9回1死二、三塁のピンチを招くも無失点で25セーブ目)いつも走者を出してしまう。3人で抑えたかった。

 ▼巨人・小山(今季初先発で4回2/3、6安打4失点)役目を果たせずに申し訳ない。(5回は)先頭打者を出し、四球を与えたことで流れを悪くしてしまった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース