薮田 序盤不安定で4失点「緊張した」特別な日に結果残せず

[ 2015年8月6日 22:42 ]

1回、阪神・福留(手前)に先制2ランを浴びた広島・薮田

セ・リーグ 広島2―8阪神

(8月6日 マツダ)
 広島の薮田は不安定な序盤に4失点した。1回に福留に2ランを許すと、3回は2死から四球と3連打で2点を失った。試合開始直前にブルペン入りするなど調整を変えたが奏功せず「いつもと一緒(の結果)としか言えない」と首を横に振った。

 広島県出身の右腕にとって「原爆の日」は特別。70年前に祖母は被爆している。「試合前は今までで一番緊張した」。強い気持ちを持って上がったマウンドだったが、7月1日の初登板初勝利以来となる2勝目は手にできなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース