球児 初登板で危険球退場、初回先頭打者 わずか5球 四国IL

[ 2015年8月6日 22:05 ]

四国アイランドリーグplusの公式戦初登板後、記者の質問に答える高知の藤川球児投手

 野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusの高知と今季終了まで契約を更新した藤川球児投手(35)が6日、高知市総合運動場野球場で行われた徳島戦に先発として公式戦初登板した。しかし1回、5球目が先頭打者の頭に当たり、危険球と判断されて退場となった。

 藤川は「見せ球の内角に相手打者が踏み込んできた」と説明。わずか5球での降板に、7日も登板する意向を示した。今後については「このシーズンをしっかりやっていくだけ。その後のことは分からない」と話した。

 米球界から6月に高知に入団した藤川の契約は、これまでと同じく無報酬という。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース