広島 大敗で5位転落、緒方監督「こういう結果で申し訳ない」

[ 2015年8月6日 22:09 ]

9回、ピンチでマウンドに集まる広島ナイン。全員が背番号「86」のユニホームを着て試合に臨んだ

セ・リーグ 広島2―8阪神

(8月6日 マツダ)
 被爆70年の「ピースナイター」で広島は大敗し、5位に転落した。薮田が序盤から失点を重ねると、打線も2回1死満塁で無得点。4回の1死満塁でも1点止まりと得点機を生かし切れなかった。

 全選手と首脳陣が背番号「86」のユニホームを着用した一戦。緒方監督は「このユニホームをまとって、試合前のセレモニーから特別な気持ちを持って臨んだが、こういう結果になって申し訳ない」と言葉をはき出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月6日のニュース