DeNA 新人継投で逆転勝ち!石田プロ初勝利 山崎康は27S目

[ 2015年8月6日 21:24 ]

<中・D>中日打線相手に好投する石田

セ・リーグ DeNA2―1中日

(8月6日 ナゴヤD)
 DeNAは新人2人の継投が決まり、中日に逆転勝ちした。先発のドラフト2位ルーキー・石田は8回を投げ散発3安打1失点、9奪三振。5回以降は安打を許さない力投を見せ、4試合目の先発でプロ初勝利をマークした。9回はこちらもドラヅト1位ルーキーの山崎康が締めて27セーブ目を挙げた。DeNAはこのカード勝ち越しで4位に浮上。

 先手は中日。4回、1死から平田が左中間二塁打で出塁し、エルナンデスのニゴロで三進後、打者・赤坂の時、石田の暴投で1点を先制した。

 DeNAは6回、梶谷、筒香の連打などで1死一、三塁とし、宮崎の中前適時打で追いつき、7回には桑原の四球を足場に築いた2死一、二塁で筒香の中前タイムリーで勝ち越した。筒香はこの日3安打。連続試合出塁も33に伸ばした。

 中日の先発・大野は7回を投げ7安打2失点と好投も援護なく7敗目。2桁勝利を前に4試合足踏みを続けている。中日の借金は15にふくらんだ。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース