史上13人目の快挙!ブルージェイズ右腕が全球団からセーブを記録

[ 2015年8月6日 16:36 ]

ブルージェイズのホーキンス(右)は5日のツインズ戦でセーブを記録し、ギボンズ監督と握手する (AP)

ア・リーグ ブルージェイズ9―7ツインズ

(8月5日 トロント)
 7月27日にロッキーズからブルージェイズへとトレードしたラトロイ・ホーキンス投手(42)が5日のツインズ戦で移籍後初となるセーブを記録。これでホーキンスはメジャー全30球団(エクスポズとナショナルズは1球団として扱う)からセーブを挙げた史上13人目の投手となった。

 9―7とブルージェイズのリードで迎えた9回、ホーキンスは5番手の投手としてマウンドに上がり、2本のヒットを許したが、無失点で試合を締めた。今季でメジャー21年目のホーキンスはブルージェイズが11球団目という渡り鳥。「前日、チームメートにツインズからセーブをマークしたら記録だなと言われていたが、それまで気付かなかった。自分が試合の最後に登板することはないだろうと思っていたが、その機会が訪れたね」とベテラン右腕は笑顔を見せていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年8月6日のニュース