中日 代打攻勢で逆転!大島「ミスを取り返すつもりだった」

[ 2015年8月6日 05:30 ]

<中・D>8回2死二、三塁、大島は左前に2点適時打を放つ

セ・リーグ 中日6-4DeNA

(8月5日 ナゴヤD)
 中日が代打攻勢で逆転した。3点を追う8回1死満塁から代打・藤井が一塁適時内野安打。続く代打・赤坂も「みんながつくったチャンス」と同点の右翼線2点二塁打を放った。

 さらに2死二、三塁から大島が左前に勝ち越しの2点打。敗れた前日は勝負どころでバントを失敗していただけに「ミスを取り返すつもりだった」と汚名返上の一打となった。赤坂も前日は走塁ミスがあり、谷繁兼任監督は「本人たちは何とかしようと思っている。最後に粘りを出してくれた」と殊勲者2人をたたえた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース