清宮 練習で柵越え2本「調子は上がってきている」

[ 2015年8月6日 05:30 ]

行進後、整列しながら周囲を見渡す清宮(右端)
Photo By スポニチ

第97回全国高校野球選手権大会

 早実(西東京)は開会式リハーサルの後、尼崎市内のベイコム野球場で練習。球場は規模が小さく、清宮が力強く引っ張ったファウルボールが次々に場外に飛び出す事態になった。

 通行者のケガを防ぐため、打席の位置を通常の本塁脇からバックネット際ぎりぎりまで下げて練習再開。清宮は64スイングで2本を柵越えさせ「調子は上がってきている。体調もバッチリ」と言い切った。

 練習後には野球少年から握手を求められ、快く応じた。神戸市から家族と訪れた田中隼人君(12)は「手が大きかった。あんな選手になりたい」と憧れのまなざしを向けていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年8月6日のニュース