慶大野球部前監督の竹内秀夫氏死去、60歳

[ 2015年8月6日 20:56 ]

 慶大野球部前監督の竹内秀夫(たけうち・ひでお)氏が5日死去した。60歳。三重県出身。自宅は非公表。葬儀・告別式は9日午前11時から東京都大田区南雪谷2の1の7、公益社雪谷会館で。喪主は妻順子(じゅんこ)さん。

 慶大出身で社会人野球の明治安田生命の監督として采配を振った後、慶大の助監督を務めた。13年に監督に就任したが内臓疾患のため入院し、14年4月に手術を受けた。11月に退任した。同年春はプロ出身の江藤省三元監督が監督代行として、同年秋は高多倫正氏が助監督として指揮を執った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース