巨人、球団通算4000敗 坂本&長野連続弾で逆転も直後に菅野痛恨被弾

[ 2015年8月6日 21:10 ]

<ヤ・巨>6回1死一塁、マウンドを降りる菅野

セ・リーグ 巨人3―5ヤクルト

(8月6日 神宮)
 首位の巨人がヤクルトに3―5で敗れ、球団通算4000敗目を喫した。

 巨人は0―2で迎えた5回、2死二塁から先発投手の菅野がプロ初の三塁打となるタイムリーを放って1点差に迫ると、ユニホームを泥だらけにして三塁へ激走した菅野の姿に触発されたかのように、6回には坂本と長野に2者連続ソロアーチが飛び出して逆転に成功した。

 だが、菅野がその裏、デニングに痛恨の中越え2ランを浴びて逆転されると、続く中村に左前打されたところで降板。巨人打線はその後、小刻みな継投にかわされ、反対にヤクルトは8回、1死二塁から投手・オンドルセクの代打の代打に出た田中浩が右前タイムリーを放って貴重な追加点を入れ、熱戦にケリをつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年8月6日のニュース